読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“就活生諸君、これだけは読め!” 〜就活マンの毎日ニュース〜

中堅大学から800倍の企業に内定した僕が、『毎日おすすめのニュースをお届け!』 〜これだけ読んで“新聞いらず”の就活を!〜

面接の裏技vol.9 -『面接のステージに合わせた対応を把握する』

皆さん、こんばんわ!就活マンです。

f:id:shukatu-man:20170521005050p:plain

 
今は現在23時。
出かけていたので、ブログの執筆が遅くなってしまいました!
昨日に引き続いて見に来てくれた方、すみません!!
 
 
ではでは、すぐにブログをアップしたいと思うので、早速本題に入っていきますね。
 
本日の内容は面接についてです。
就活において面接って複数回ありますよね。
一次面接、二次面接、三次面接…最終面接と、企業によってその回数は様々です。
 
その中でも本日お話するのは面接の各ステージに関して。
 
面接ってどれも同じでしょ?と思う方も多いと思いますが、実はその性質は全く異なります。
 
まず第一に、面接に関して覚えておかないといけないことを言いますね。
 
 

選考が進むにつれて面接官が偉くなってくるということは第一に把握しておいてください!

 
 
つまり一次面接では人事部の下っ端が面接官をするのですが、二次面接では部長。
最終面接では役員や社長となるわけです。
 

そして面接官が変わるということは、同時に『学生に対する目線(評価する軸)』も変わるということです。

例えば、一次面接で面接官となるような人事の下っ端は「一緒に働きたいな」「こいつ面白いな」という興味本位で通過させることが多いものです。
 
一方で、次の部長クラスになると『自社に利益をもたらす人材か』という目線で見ることが多いのです。
話の面白さを武器にする学生が2次面接で落ちるなんて話はよく聞きますが、その根本的な理由はここにあります。
 
話が面白ければ、人事の下っ端には気に入られますが、部長クラスとなると話がただ面白いだけでは必要とされない。
その話の面白さがどう企業に利益を与えるかがうまく伝わらないといけないのです。
(ここで上手い人は、営業に活かせるというアピールをしますね。)
 
では最後の最終面接ですが、ここで面接官として登場するのは社長や役員です。
「やべ、社長か。厳しそう。」というイメージを持つ人も多いかとは思いますが、実はここが一番楽です。
というのも、特に大企業では人事部が認めた人材は、社長としては採用するつもりでいるからです。
比較的大きな企業の社長や役員は、採用を人事部に丸投げしている場合が多いためこの現象は起こります。
 
よって最終面接では緊張しすぎて何も話せなくなるような失敗がない限り、落ちることは“大企業では”少ないといえます。
 
 
しかしながら、“大企業では”と言ったとおり、社長や役員が採用まで自身がしっかりと力を入れている企業では、最終面接は最も気合いを入れないといけない場面ですので、面接前には自分のESをよく読み、されそうな質問をイメージすることが非常に大切になってきます。
 
(イメージトレーニングの重要性に関しては過去のブログを参照ください!)
 
それでは、今日も読んでくれてありがとうございまシューカツっ!!
 
 
★就活の質問はこちらのメールまで!(お問い合わせ先)

f:id:shukatu-man:20170517191450p:plain

面接の裏技vol.9 -『面接のステージに合わせた対応を把握する』

皆さん、こんばんわ!就活マンです。

f:id:shukatu-man:20170521005050p:plain

 
今は現在23時。
出かけていたので、ブログの執筆が遅くなってしまいました!
昨日に引き続いて見に来てくれた方、すみません!!
 
 
ではでは、すぐにブログをアップしたいと思うので、早速本題に入っていきますね。
 
本日の内容は面接についてです。
就活において面接って複数回ありますよね。
一次面接、二次面接、三次面接…最終面接と、企業によってその回数は様々です。
 
その中でも本日お話するのは面接の各ステージに関して。
 
面接ってどれも同じでしょ?と思う方も多いと思いますが、実はその性質は全く異なります。
 
まず第一に、面接に関して覚えておかないといけないことを言いますね。
 
 

選考が進むにつれて面接官が偉くなってくるということは第一に把握しておいてください!

 
 
つまり一次面接では人事部の下っ端が面接官をするのですが、二次面接では部長。
最終面接では役員や社長となるわけです。
 

そして面接官が変わるということは、同時に『学生に対する目線(評価する軸)』も変わるということです。

例えば、一次面接で面接官となるような人事の下っ端は「一緒に働きたいな」「こいつ面白いな」という興味本位で通過させることが多いものです。
 
一方で、次の部長クラスになると『自社に利益をもたらす人材か』という目線で見ることが多いのです。
話の面白さを武器にする学生が2次面接で落ちるなんて話はよく聞きますが、その根本的な理由はここにあります。
 
話が面白ければ、人事の下っ端には気に入られますが、部長クラスとなると話がただ面白いだけでは必要とされない。
その話の面白さがどう企業に利益を与えるかがうまく伝わらないといけないのです。
(ここで上手い人は、営業に活かせるというアピールをしますね。)
 
では最後の最終面接ですが、ここで面接官として登場するのは社長や役員です。
「やべ、社長か。厳しそう。」というイメージを持つ人も多いかとは思いますが、実はここが一番楽です。
というのも、特に大企業では人事部が認めた人材は、社長としては採用するつもりでいるからです。
比較的大きな企業の社長や役員は、採用を人事部に丸投げしている場合が多いためこの現象は起こります。
 
よって最終面接では緊張しすぎて何も話せなくなるような失敗がない限り、落ちることは“大企業では”少ないといえます。
 
 
しかしながら、“大企業では”と言ったとおり、社長や役員が採用まで自身がしっかりと力を入れている企業では、最終面接は最も気合いを入れないといけない場面ですので、面接前には自分のESをよく読み、されそうな質問をイメージすることが非常に大切になってきます。
 
(イメージトレーニングの重要性に関しては過去のブログを参照ください!)
 
それでは、今日も読んでくれてありがとうございまシューカツっ!!
 
 
★就活の質問はこちらのメールまで!(お問い合わせ先)

f:id:shukatu-man:20170517191450p:plain

「教育×PC」news2017.5.3

本日、就活マンが注目したニュースはこちら!!

this.kiji.is

Ⅰ.このニュースの概要

〉米IT大手マイクロソフトは2日、新型ノートパソコン「サーフェス・ラップトップ」を発表した。教育現場での使用を想定して開発した新基本ソフト(OS)の「ウィンドウズ10S」を搭載。

( 〉:引用の意味 )

 

Ⅱ.就活マンの感想

教育現場でのPCの導入にあたり、プログラミングだけでなく、PCを使ってテストを解いたり、情報収集のスキルだったりを評価する仕組み作りをするべきだろう。

別にこれからの時代、公式などを覚える必要性はないからね。

「メルカリ騒動多発!」news2017.5.2

本日、就活マンが注目したニュースはこちら!!

www3.nhk.or.jp

Ⅰ.このニュースの概要

〉「メルカリ」で、発行済みの領収書の出品が相次いでいたことがわかりました。専門家は脱税などに悪用されるおそれもあると指摘していて、運営会社は出品を削除するなど監視を強化しています。

( 〉:引用の意味 )

Ⅱ.就活マンの感想

なにかと話題のメルカリでの出品騒動。

今回は領収書を経営者が買って、経費にするという悪用を取り締まるとのこと。

メルカリは日本の企業の中でも、世界的に見ても将来有望なのでこうした試練を乗り越えて、日本を代表する企業になって欲しいと思う。


では、今日はこの辺で!


p.s. (°》《°)/「僕のニュースは毎日更新です!!」

 


★〈本家〉就活マンのブログ   ※こちらも毎日更新

shukatu-man.hatenablog.com

 

「amazonが金融業界に参入したら!?」news2017.5.1

本日、就活マンが注目したニュースはこちら!!

toyokeizai.net

Ⅰ.このニュースの概要

現実的にはすでに多くの人が知っている大きな企業が銀行の脅威となる要素を秘めている。たとえばインターネット通販(eコマース)大手の米アマゾン・ドット・コムがそれにあたるのではないかと筆者は考えている。
( 〉:引用の意味 )

Ⅱ.就活マンの感想

 確実に今後アマゾンなどのITベンチャーが参入してくるだろうね。

だって既存のメガバンクである必要は、消費者からすると何もない。

アマゾン等は倒産リスクも少ないと皆考えているだろうから、普通に皆金融機関としても信用すると思う。金融志望の人はこうした流れもよく見ておくべし。


では、今日はこの辺で!


p.s. (°》《°)/「僕のニュースは毎日更新です!!」

 


★〈本家〉就活マンのブログ   ※こちらも毎日更新

shukatu-man.hatenablog.com

 

「新興国と先進国の格差がなくなってきている」news2017.4.29

本日、就活マンが注目したニュースはこちら!!

newspicks.com

Ⅰ.このニュースの概要

〉FDIとは、企業が利潤獲得のために外国に投資して事業を行うことだ。

〉一般的にFDIと言えば、先進国から新興国へというベクトルで資金が動くイメージだ。つまり、投資する側の国が先進国であり、新興国が受け取るというものだ。確かに、最新の統計によれば、世界のFDI総額のうち、72%が先進国による投資だ。

〉ただ、この数字は裏を返せば、世界の4分の1は新興国からであることも示しており、無視できない規模だということも示している。


( 〉:引用の意味 )

Ⅱ.就活マンの感想

現在、新興国と先進国の差が縮まってきている。堀江貴文さんが以前、タイのマッサージ屋が意外と高くなってきている(日本円の価値とタイのお金の価値との差が縮まってきている)と書いていた。

中国の単純労働者の賃金が上がってきているのと同様に、今後は更に新興国との差が縮まっていくだろう。

すると、世界規模のビジネスで考えるとライバルが多くなるのだから、より一層自身のスキルを磨く必要性が出てくるだろう。

新興国の人が日本に来て、自分の労働を奪われないようにね!

 


では、今日はこの辺で!


p.s. (°》《°)/「僕のニュースは毎日更新です!!」

 

shukatu-man.hatenablog.com

 

「お金の賭けをiphoneで決済する学生が出現する!?」news2017.4.28

本日、就活マンが注目したニュースはこちら!!

japan.cnet.com

Ⅰ.このニュースの概要

〉この新しい個人間決済サービスは、「iPhone」ユーザー同士のデジタル送金が可能になるもの
( 〉:引用の意味 )

Ⅱ.就活マンの感想

これ面白いのが、例えばボーリングで賭けをしたとする。1000円負けた人が今までは現金で払っていたところ「iphoneに送っといて」なんて言う時代になる。

こうした現象により、もはや現金を持つ人はめちゃくちゃ少なくなるだろうね。


では、今日はこの辺で!


p.s. (°》《°)/「僕のニュースは毎日更新です!!」