読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

“就活生諸君、これだけは読め!” 〜就活マンの毎日ニュース〜

中堅大学から800倍の企業に内定した僕が、『毎日おすすめのニュースをお届け!』 〜これだけ読んで“新聞いらず”の就活を!〜

「新興国と先進国の格差がなくなってきている」news2017.4.29

本日、就活マンが注目したニュースはこちら!!

newspicks.com

Ⅰ.このニュースの概要

〉FDIとは、企業が利潤獲得のために外国に投資して事業を行うことだ。

〉一般的にFDIと言えば、先進国から新興国へというベクトルで資金が動くイメージだ。つまり、投資する側の国が先進国であり、新興国が受け取るというものだ。確かに、最新の統計によれば、世界のFDI総額のうち、72%が先進国による投資だ。

〉ただ、この数字は裏を返せば、世界の4分の1は新興国からであることも示しており、無視できない規模だということも示している。


( 〉:引用の意味 )

Ⅱ.就活マンの感想

現在、新興国と先進国の差が縮まってきている。堀江貴文さんが以前、タイのマッサージ屋が意外と高くなってきている(日本円の価値とタイのお金の価値との差が縮まってきている)と書いていた。

中国の単純労働者の賃金が上がってきているのと同様に、今後は更に新興国との差が縮まっていくだろう。

すると、世界規模のビジネスで考えるとライバルが多くなるのだから、より一層自身のスキルを磨く必要性が出てくるだろう。

新興国の人が日本に来て、自分の労働を奪われないようにね!

 


では、今日はこの辺で!


p.s. (°》《°)/「僕のニュースは毎日更新です!!」

 

shukatu-man.hatenablog.com